スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐怖刺激が楽しめるほどではない。

wolf
こんなチャラけた内容ではありませんが。
1日に「ウルフマン」観て来ました。


うん、クリーチャーだし。


R15指定なんでどんなんかなと思ってたら、
内蔵けっこう見えてたり。
慣れてる人にはそれほどでもないと思うけども、
グロいシーンはけっこう。


昔の映画を撮ってる人に最新技術渡したらこう撮りました、
と思って観ると納得するかも。
目新しいとこはなく、
古い映画を観てるような気が。
しかもものすごく単純な仕掛けで驚くワタクシ。
恥ずかしいくらい単純なことで4回も5回も驚く。
お化け屋敷みたいなことでさっ。
隣のおっちゃんも一回足がびくっとしてたのが救い。
物事は単純なことが一番よねっ。


そんな中ステキなのはアンソニー・ホプキンス。
何はなくともアンソニー・ホプキンス。
中身を忘れちゃってもアンソニー・ホプキンス。
最高です。
もうホレボレするわ。
オヤジ趣味は走れ、観に行け。


学生さんからしたらじいさん趣味か?
枯れ専?






著作権はまだ掌中にあり。
その点どうかよろしく。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。