スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はこ

何
今年の1年は元気ですね、女子。
ほんで男子はやっぱり草食ですか。
大変だなぁ、勢いに押されるんだろうなぁ。


ここ数年どうしても気になることがありまして。
学生さんの絵に立体視したものがあんまりない。
してても弱い。
どうしようかなと思って、
今年の1年には箱を描いていただきます。
箱と言っても細かいデッサンはしない。
側面と天地がわかればそれ以外は描かない。
しわとか印刷してるものとか一切描かない。
それよりも目線だけ意識していただく。
まっすぐ前を向いて見た位置と、
そこから箱は上なのか下なのか。
だけを気にする。


最初キョトンとして描いてた学生さんたち。
これがパースの基礎で、
感情表現まで繋がってくとお話すると食いついた食いついた。
一回目は自分のいる位置から動かなかったのに、
2回目は何ぼほど近づくかなというくらいに。


その日の先生方宛日誌にワタクシは、
「つかみはOK」と書きましたよ。


そんなあほなこと書いてるのはワタクシだけだ。


まだ大顔面に四苦八苦してるのに細かいことはできません。
しばらくこれいきます。

何人か体験でお会いした学生さんがいてはりました。
リピート率けっこういいんですのよ、キャラデザ学科は。
1年よろしくお願いします。


2年も卒制始まりました。
今のとこ元気。
このテンションがいつまで持つかが一番気がかり。


今年もあれか、
師匠と同じ道を歩む組が出たのか。
しかも3人も。
お話して初めて気づいたけど、
自分のシュミが出るんだよね、あぁいうことのね。
なんかそう思うとこっぱずかしいわね。






さて、
箱の中には何が入っているのか?
答えによって、
何か内面の空恐ろしいものが見えてくるかもしれない…


かどうかは知らない…
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。