スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハタから見ると大変穏やかな

sora02

なんですか、
本人たちは必死なんだろうけれど、
ハタから見たらのんびりとなりました、月曜日。


そう見えるよ、たぶん。


ここに来て方向が変化しそうな、というのは毎年のこと。
欲が出てきましたかね。
「センセがやれ、ゆうたやん」ときそうですが、
断るって方法も残ってるので。
さらによくなりそうならぶっこんで行きますよ。


ラノベを知らなきゃといろいろ探してた頃に見つけた本。
柴村仁さんの「プシュケの涙」「ハイドラの告白」「セイジャの式日」。
電撃から出てたんですが、
ちょっと前に出てたらしく、
探して探して、
3部作全部読み終わりまして。
ラスト電車の中で読んでて、
「泣いてまうやろ、ばかやろー」と思ってました。
良いお話でした。
絵を描く人のお話で、
青がメインテーマみたいな感じなんですが、
それをなんとか描こうとして失敗して、
青つながりで空でございます。
「ヒックとドラゴン」の背景模写。
ほんとはこの真ん中くらいにちっさいドラゴンがいる。
3Dバッリバリの映画だからか、
ハリウッドだからか、
思い切った色使ってんなと思いながら描いてました。
紅の豚も空飛んでたけど、
こんな派手派手な背景はなかったような。
模写、面白いわー。


全部saiで。


学生さんも、模写したまえ。
ワタクシ学生の頃授業で模写してて先生に「フッ」て鼻で笑われましてね。
トラウマで学生さんにはするまいと今も心にしまってある誓いですけどね。


やってないよね?


笑う時は思いっきり笑ってやるさ。





プシュケの涙 (電撃文庫)プシュケの涙 (電撃文庫)
(2009/01/07)
柴村 仁

商品詳細を見る


ハイドラの告白 (メディアワークス文庫)ハイドラの告白 (メディアワークス文庫)
(2010/03)
柴村 仁

商品詳細を見る


セイジャの式日 (メディアワークス文庫)セイジャの式日 (メディアワークス文庫)
(2010/04/24)
柴村 仁

商品詳細を見る


The Art of How to Train Your DragonThe Art of How to Train Your Dragon
(2010/03/02)
Tracey Miller-Zarneke

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。