スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初日どうですか?

2012caso.jpg

月曜はお疲れさんでした。
ワタクシ、帰るなりワイン1本開けて寝てました。
昼食べてないし。
久しぶりに1本開けたわ。


いつもは半分よ。


壁1面まるまる開くというラッキーが訪れまして、
ちょっと広くなったのは幸いなるかな。
せっかく組んだのをまた解体して組み直すのは大変だったけどね。


ワタクシは何もしてませんでしたけどね。


こう、後から考えるに、
あちらこちらから呼ばれた回数はけっこうあったかと思うんですが、
じゃぁ何をやったかというと、
今ひとつ覚えが無い。
なんか疲れたんだけど、
こうトンカチトンカンとかやった記憶が無い。
何かやってましたかね?


今年もドラえもん活躍しました。
もっとイロイロ持ってたんだけど、
こういう日に限って狙ったように、
秘密の小部屋組3人が電車止まって遅刻っつーね。
それでなんかわーーーーっとなって出せなかったよ。
ほとんど女子向けのブツだったからイミなかったかもしれないが。


仕入れに行った間、
なんでヤローばっかなんだよ今年、って思い続けてたわ。


お写真はまさしく「本日のパシャ」、
お仕事終わりのヤローどもです。
こんなけ小さいから顔つぶれてるし、
拡大してもわかんないから無修正なんだけど。
いけてる?


では皆様、
土曜まで接客がんばりたまえ。
スポンサーサイト

コメント

こんばんわ<m(__)m>
昨日の写真ですねヽ(*´∀`)ノ
顔は全然わかんないですねw

今日改めてブース見ましたが、
やっぱり閉塞感が否めない感じですね。
人も入りずらいし、何より内の学科の人が立ってるとやっぱり入るのけんえんしてしまう感じですかね?

美術館だとお客さんだけですが、
こう言う展示会だと担当がいて当たり前?なのか
どうかわからないですが、ゆっくり見るって事が少ししにくい感じはしました。

R18ブースはゆっくりできるスペースでしたが
入りずらそうな感じもありました。
何人かは入ってましたよ(n‘∀‘)η

まぁやっぱイラスト学科みたいな展示方法が一番見やすくていいなと思いました。
初日の感想は以上ですかね・・・
明日は一年にプレゼンなんで頑張ります(^^ゞ

2012/02/21 (Tue) 23:12 | ねぐせ #- | URL | 編集
袋小路だからねぇ

魔窟に入るにはやはり度胸がね。
いるわね。

何人いたのか知らないけど、
ちょっと人が多いのかもしれない。
自分の作品アピールするためにいないとあかんけど、
いると多すぎって感じかも。

秘密の小部屋は客引きにはいいと思うのよ、アタクシは。

ちなみにこのブログ、
18○は禁止ワードってつい最近知ったんだけど、ご存知?

プレゼンがんばれー。

2012/02/22 (Wed) 00:07 | そのいち #- | URL | 編集
報告です

こんばんは。
長文になりますが、今現在の一年生達の展示に少しでもいかせたらと思い報告させていただきます。
 
展示会場の配置ですが、数日間通い、半日ほど様子を見た結果の個人的な感想を言わせて頂くと、どうもアニメーションコースの展示品がスルーされてしまう傾向にあるようです。
 
今回確保していただいた空間の中で、外回りをグッズで囲い、最深部にアニメコースの作品が配置となっていますが、やはり世間的に受け入れられやすいグッズ関係の物を見終わると、ある一定の方はそこで進路を変えて深部まで行くことなく帰ってしまう状態になっているように思えました。
 
現在はグッズコースを選ばれている三名が深部に配置されていて、その作品達のおかげで、なんとか声をかければ中に入ってくれる。っといった状態です。
 
ただ、やはり「ねぐせ」や「マヨの使徒」両名のようなグッズを大量に展開し、装飾しているものは、流し見るかたちでも来場された方の移動速度が緩やかになって、声をかければ手に取る。という状態までこぎつけれていました。
つまるところ声かけと物量が肝になっているような気がします。

さらに現在成人指定組の長身な男性陣が主力となって案内役になっていますが、来場された方にどうしても威圧感を与えてしまう雰囲気があります。
容姿などは別として、接客においてもやはり前にでて面識のない方と抵抗なく接触可能なのは女性の強みだと痛感します。
ここは女性陣の踏ん張りどころです。男子は補佐にまわると良いかもしれません。
 
そして展示方法ですが、圧倒的にPCに作品をまとめている物は、サッと見に来た業界の方や一般の方などに向けては不利かと思いました。
内容は確かな物でも、会場の混雑などもあいまって、PCを直接操作するとこまで閲覧する側が行こうとせず、優秀作品である人物の作品もスルーされる状況にあります。
自分もそうですが、本を作成してそれを綺麗に閉じたまま展示すると、誰もそれを紐解こうとはせず、開いて展示すると、面白いように手に取る結果になりました。
視覚でうったえ、半ば強制的に視界に入り込ませるようなパネルの展示はそこでPCの作品と違い数段優れているように思えます。
 
以上の事がありました。
大体の問題は先生サイドも把握されているだろうと思いますが、毎年展示スペースの確保はランダムに決定されているようなので、確保できた展示スペースにあわせた作品展開と、その時になって初めてわかる不便さを知っておくように伝えて指導や配置決定をしてあげてください。
 
そうそう。あと。
立ちっぱなしは結構キツイで とも伝えてあげてください。
油断してたら誰か来て、だらけてるところ見られるしなぁ

2012/02/23 (Thu) 21:35 | 写楽 #- | URL | 編集
アラマァ

改行せ~へんかったからメッチャ見難いやん!
解読頑張ってください

2012/02/23 (Thu) 22:14 | 写楽 #- | URL | 編集
女に幻想持ってんのね

「接客は女性向き」というのは幻想です。
男性だって出来る。
女性だって出来ない人は出来ない。
こないだのさとんくんのプレゼンの時も、
立て板に水でしゃべる男子学生もいれば、
緊張でがちがちになった女子学生もいたわけで。

ようは慣れだけ。
あと笑え。
うそくさくても笑え。

で、グッズ大量とかなんとかもそりゃあるけど、
でかいとかなんとかも幻想だよ。
ダイヤモンドだって磨かないとただの石だけど、
磨いたら小粒だって光る。
ただしきちんと光るように工夫したらね。
ちょっと浮かせて置いたり、
光がきれいに回るようにしたり。

2012/02/24 (Fri) 00:27 | そのいち #- | URL | 編集
ちょいと論点が

幻想とか、できるできないじゃないです(苦笑
来場されてる方々が受ける印象の問題ですよ。
女性が向いてるって言うのは。
 
プレゼンっていうくだりは別の話になってます。
まずは「見てもらえるように入場」してもらわなければならないんです。
 
そのためには上手くしゃべれるとかそんな事は関係ない。
先生の言ったように笑顔で挨拶して、声をかけるだけで良いんです。
より効果があるのは絶対に女性だと思いますよ。

スタバやコーヒー館などでもそれが見てわかりますしね。
入りやすくて、リラックスできる空間が、俺らの作品をさらに良く見せてくれると思ったんです。

プレゼンテーションっていうよりはお客を店に招き入れる工夫がいるはずです。

2012/02/24 (Fri) 02:39 | 写楽 #- | URL | 編集
んにゃ、幻想だな

男子目線で言うてはるし。

やってくるのは男子だけじゃないんだよ。
女子も来るんだよ。
店には男子も立つんだよ。
男女雇用機会均等法だよ。

接遇だよ。

ようは人当たりの問題なんだけど。

2012/02/25 (Sat) 00:35 | そのいち #- | URL | 編集
ヽ(*´∀`)ノわー

白熱!!(;゚Д゚)!
自分的には無人が一番・・・
いえ、何でもありません|゚Д゚)))コソコソ

2012/02/25 (Sat) 01:16 | ねぐせ #- | URL | 編集

コミュ障からすれば男女どちらが作品の前に立っていても
やや身構えてしまうので男女の話はおいとくとして、
グッズとアニメで配置などに問題があったのはたしかですね。

あの狭い入り口により人通りは悪く、
さらに入り口から見える作品は
PCによる作品やギャルゲーのポップなので一般受けも悪い。
ある程度マヨの作品も目に入りますが
それにより少し中を覗くだけでなかなか入るまでにはいたりません。
一般受けの良いグッズ三人を奥に入れてしまったのは失敗だったかもしれませんね(´・ω・`)

そしてせっかく中に入ってくれても
小部屋の狭さや作品の密集具合により
プレゼンを一部同時進行できないパターンもちょくちょくありました。
客の込み具合などこちらではどうしようもないこともあるのでしょうが、
スペースに合わせて対応できるところは対応した方がいいのかなーと思います。

あと、狭さについて言ったものの一年生は4,5人程度の集団でくるようにしてくれた方がプレゼンする側からしたら助かります。
バラけられると一般の人か学生か判断できないうえ
なおさらプレゼン進行に影響がでますので。

これ、森先生に言う話ですかね?

2012/02/25 (Sat) 01:38 | さとん #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。