スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体感に勝るもの無し

gorogoro.jpg

ちょいとワタクシがキレかけた時、
火の粉がかからない学生2名が逃げてった。
確かにイラっとしてたんだけど、
その様はまさしく「クモの子を散らす」という諺を体現したものに見えた。
もうちょっとで笑うとこだった。
いやいや今はその時ではないと飲み込んだ。


確かに文句を言ってたんだけど、
頭の片隅にはそれがぐるぐる回ってたんだ。


そういやだいぶ前、
テレビでパンダの番組をやっていた。
保護された野性のパンダを山に返すというシーンで、
麻酔が切れたパンダが雪山の中、
滑って転んでヨロヨロしながら逃げていく。
なるほど、あれが「こけつまろびつ」かと納得した。


いやもうほんとにね。
足腰も立たないから大変そうだったんだ。


ほんで朝、
顔を洗おうと泡立て用の網に入った石鹸を持ったら、
ちっさいゴッキーがあわてて逃げようとしてた。
手に乗られたくないから洗面台にせっけんを近づけたら、
じたばたと降りていってなんだかその場でさらにじたばた続けてた。
こりゃ押し付けて苦しんでんのかなと思ったが、
どうやら逃げたいけどあわててどうにもならんらしい。
これこそ「泡を食う」というやつなのねと手の一つも叩きたい気分だった。


で何が言いたいかと言うとタイトルに戻る。
体感に勝るものなし。
腑に落ちるとはこのことだ。





著作権はまだ掌中にあり。
その点どうかよろしく。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。