スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミラクルボディー

bolt.jpg

イッキに夏ですが生きてますか。
溶けてませんか。
アセモできてませんか。


アタクシはできてます。
カユイです。


てことがミラクルなボディーってことではありません。


ちょうど3連休中にNHKでやってた「ミラクルボディー」。
1回目に骨と筋肉出まくるようだと見たんですよ。


前回バンクーバー五輪の時のジュベール回が記憶に残ってたのもある。
オリンピック前に秘密暴露で大丈夫なのか、
やはり自信があるってことだな、
と思ったくらい濃い内容で。


その骨筋肉回のウサイン・ボルトの話がもんのすごく面白かった。
なんかぐにぐにした足運びだなと思ったら、
骨がゆがんでいるためだとか、
どんだけ筋肉なんだよという体とか。
最初見た時、
うちにあるニンジャのフィギュアを思い出した。


腕が取ってつけたような形だから。
筋肉のクビレ具合でそう見える。
腕も細い筋みたいになってるし。


バランスを取るために体がどう移動していくか、
というのを観るのにわかりやすい映像でしたよ。
時間遅いけど、
19日再放送らしいんで、
興味ある人は見たほうがいい。
2回目の体操・内村航平回、
3回目のマラソン回も面白かった。
長い積み重ねって大事だというのがよくわかる話でした。


物悲しかったのは、
マラソンでケニア選手と日本人選手の、
モーションキャプチャーで取った骨・肉だけの映像が並んだ時。
やっぱ日本人短足っ、て思いました。
同じポーズで胴があきらかに長いんだもん。
要る情報のみまで削ぎ落とすと、
恐ろしい真実が浮かび上がるってことですかね。


まー、ボルト回なんてけっこうマイナス部分まで踏み込んでたけど、
「これ見たくらいで同じこと出来るならやってみな」ってことだわね。
3回ともね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。