スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また一つ新しい世界が

2013_0406.jpg

1年、今のところしゃべり続けている。
説明すまないと先にいけないので。
でも日曜に見た某番組で先生がしゃべり続ける授業はよくないとか言うてはった。


うん、もうすぐ黙るから。
それより描き続けることになるから。


2年は締め切りの嵐なんだが、
まずは企画〆が金曜に。
まぁ、あんだな、とりあえずダンジョンの門が開いたってとこかな。


で、どんどちゃっかさんから聞いた「リトルウィッチアカデミア」、
ちょうどツイッターで流れて来たとこだった。
絵を初めて見た。
なので借りてきた。
今、ツタヤでタダで借りれるんで。


まだ見てないんだけど。


ソレ風に描いてみたんだけど、違うな。
まぁ、いいや。
萌えの師匠は何か一つ抜けたとおっしゃってくれるだろうか。


そしてまた騙されるアタクシ。
土曜に体験なんて、なんて、なんて。


そんでもってお手伝いに入ってくれる人がいないなんてなんてなんて。


体調不良なので仕方ないけど、
H山先生に入ってくれるはずの人をうちにとか(0だったから)。
できるんじゃっ。


代わりにアニメの男の子が入ってくれた。
まるで連行されるように連れてこられた。
強く生きろ。
大変人当たりのいい、頼れる男子でした。
大丈夫だ、顔を上げて生きろ。


話変わりますが、
今も絶賛継続中のどうぶつの森。
「デザインのある暮らし」という本が出てたので買ってみた。
リメイク全部載ってるし、
インテリアの並べ方とか大変興味深く見てるんだけど、
博物館で買える台をそう使うかとかね。
でも学校ですれ違った部屋なんて「そう来るか」の連続だ。
暖炉をひっくり返して、
カフェのカウンターになんて思いもせんかった。
ごっこ遊びだもん、どう「見立て」るかだ。
やわらかい頭ってステキだ。


けっこうナゾな部屋が多いのもたまらん。


また学校に持ってって一日すれ違い続けてみんと。
まだみんなやってんのかなぁ。




著作権はまだ掌中にあり。
その点どうかよろしく。





とびだせ どうぶつの森 デザインのある暮らし (ファミ通の攻略本)とびだせ どうぶつの森 デザインのある暮らし (ファミ通の攻略本)
(2013/04/25)
週刊ファミ通編集部

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。