スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これほど一気に壊れるとは

2013_0507.jpg

2年間のお相手の中、1回は見せる模造刀。
演劇用のとは言え、ポーズの確認には十分の品。
それを金曜に1年に見せた。
「持ってきたら確実にあの辺が壊れるな」と、
男子学生を適当に指差してから。


一目見た途端、ほぼ全員が壊れた。
何故そんな一遍に集まる。


しばらくはなんてゆーか収集がつかん。
まぁ、飽きたらまた元に戻ると思ってほっといたけどさ。
毎年のことだが面白いわ。


今年はまたちょっとやり方変えて、
高校生とかオトナとかの言葉をやってから、
素体くんを作ってそれに演技させてってやってる。
こないだは勇者と魔法使い。
そうするとだいたい剣を持たせる。
西洋剣がほとんどなんだけど、
それがやね、
ほんまにそういうのに興味ない女の子が描くとやね、
剣がうちわみたいになってしまう。
切っ先から少し広がって、持つとこに繋がるっていう記憶はあるらしい。
その広がってが広すぎ、
そしてあっちゅーまに鍔までくるから、
なんていうかうちわ。
興味なくてもそのくらいは普通に想像して欲しい。


あと、構えて剣の部分を持つのもやめて欲しい。


土曜の相撲、大一番でしたわね。
白鵬・稀勢の里戦。
その前々日、日馬富士戦での稀勢の里関のポーズに惚れましたわ。
勝負決まって押し出した後の背中から腰のライン、
ていうか腰が入ってるっていうライン。
惚れたわ。
鍛えてないとあのまっすぐはムリだもんな。
土曜は負けちゃったけど、
千秋楽はどうなるんだろう。
ちょっと楽しみ。


だけどアタクシ、体験でございます。
見れない。





著作権はまだ掌中にあり。
その点どうかよろしく。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。