スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これでラスト

2013_0809.jpg

自分宿題、これでラスト。
この後やってないので。
これもニスを失敗している。
何が悪かったんだろう、
適当に溶剤入れたからだろうか。
全部できのこ入れて6つかな。
複雑じゃないから2,3個同時進行すればそんくらい。
これが焼く粘土だったらもうちょい早いのか?
人型作るとなるともっとかかるだろうな。


実は3種類目の粘土を買ってある。
焼くのじゃないけど。
これも触ってみたいんだよ。


で、今現在は授業の準備をやっている。
よく考えたら色々作らないとあかんやんとなったので。
終わらない宿題を抱えてしまったようだ。


そんな中、やっとパシフィック・リムを観た。
ロボットドカドカの怪獣ガオーのあの映画。
なんだね、
オタクのオタクによるオタクのための映画だ。
だからあの世界に興味のない人はついていけないだろうと思う。
例えば甘々のラブストーリーにさぶいぼ立つ人はそういう映画ムリだろうし、
恐怖刺激を受付けない人はゾンビ映画なんてまったくムリだろう。
そんな感じ。
えぇ、アタクシは最初のシーンで顔がトトロでしたよ、
顔中口にしてにんまりしてましたよ。
一番後ろの一番端っこで隣に誰もいなくて良かったと思いましたよ。
途中涙出そうでしたよ。
でも中盤以降くらいで思ってましたよ、
意外と巨大感ないなと。
3Dだったら良かったのかもしれない。
でもなんてーか、
無力でちっこい人ととの対比が足りないなぁ、と。
初代ゴジラで電波塔だったかの上、
迫り来るゴジラを伝えようと死ぬ覚悟で実況を続けるアナウンサー、
とうとうゴジラが迫って来て、
それでも伝えるということをやめず落ちていく。
そういうような部分。
みんな強くてさ。
ちょっとだけ出てくる人でもさ。
そこが恐怖の対象でも巨大感の対比でもなくて、
ちょっと違うなと思って観てました。


吹き替えで観たけど、声優さんは良かったよ。
特にケンコバさんが。
ラストで名前出るまでわからんかった。
舞台やってる人が声優するといいといつも思う。


引っかかり白状しましたが、
最近まず買わないパンフレットは買いました。
そしたら小島監督のお言葉が載ってました。
仲良しだそうです。
他のブツも買おうかと思ったけどそれはやめました。
それより側にあったタツノコガッチャマングッズが気になって気になって…


風立ちぬもまだ行ってないんだよな。
もうすぐアタルもあるんだよな。
ハーロック、はどうしようかな。
以外と声が悪くなかったんだよな。
でもイケメンばっかなんだよな。
CGアニメってどうしてあぁもイケメンばっかなんだろう。
ぶちゃいくもいて当然だと思うんだ、お話ってさ。





著作権はまだ掌中にあり。
その点どうかよろしく。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。