スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘアスプレーってそんな映画だったのね

スプレー
チャンネル回してたらたまたまやってたので思わず観てしまった。
ミュージカルなんだけども、
60年代の音楽が好きなもので。


何故、トラボルタが肉襦袢着てるのかとか、
ちょっと長くてダレるなとか、
思うところもあるけれど、
コメディなのであっけらかんとした明るさでラストまでつっ走る。
大変好みだ。
そのわりに重い内容も含んでて、
タイトルは知ってたけどこういう内容だとは思わなかった。


「行ったり来たりして先に進む」と言う言葉が重い。
それを大声で言ってしまうところがすごいと思う。
色んなところから怒られないのか?


そういや「アバター」もちょっと怒られてるらしい。
一回目観た時から「大丈夫か」と思ってたけど、
やっぱり噛み付くんだな。
そういう意味じゃ、学ばないな。
戦争する人たちって。


難しいことはわかんないや、
て向きは音楽とダンスを楽しめる大変良い映画かと。
あの短い手足で歌い踊る主人公はステキだ。
テディベアが踊るとあんな感じかもしれない。


某有名ピンククマもあんなに踊れる?
緑恐竜は踊りそうだな。




ヘアスプレー [DVD]ヘアスプレー [DVD]
(2009/06/19)
ジョン・トラヴォルタミシェル・ファイファー

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。