スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日テレの宣伝、正直ヒクわ

紅の豚
普通ポニョが来るだろうと思うんだが。
いや、見たんだが。


新聞見た時から「これはイタイな」と思って本編直前まで見なかった金曜のポニョ。
ちょうどつけたら新作CMの時だったけど、
それが終わるなりの大声コール。
大変だね、借り出された人たち。
それだけ騒がないと見ないと思うほど人気なかったのか、ポニョ。
友人はとうとう疲れ果てて本編見なかったと言ってたが。
それでいいのか、日テレ。
ヒクわ。


だから豚なのかということではなく、
こないだ男鹿さんの展覧会を見た当日、
たまらんようになって見た。
ジブリのDVDはこれしか持っていない。
ワタクシとしてはこれが一番なのだ。


監督としては作っちゃいけなかった作品らしい。
何故か、の部分は読んだことがないのでナゾ。
一般受けはしてないから、
その辺にナゾを解く鍵がありそうだけど。
いい大人たちの評判はすこぶるいいようです。
ただしメカフェチで。


えぇ、ワタクシはメカフェチでおやじフェチですとも。
いいおっさんがわーわーやってる映画が大好きなんですとも。


声優常連の上条さんがやってるマンマユート団の団長が一番好き。
友人がジブリ美術館に行った折、
買ってきてくれたみやげが入ってた団長顔入り紙袋が今も捨てられない。
愛しの彼を踏みにじるような、
ヨン様靴下みたいなことはできない。


まだ並んで立ち見になるような映画館が普通だった時代、
身重の友人入れて3人で前売り学生券を買い、
「なんか言われたら学生結婚でと言おうね」と訳のわからないこと口走りながら、
満席の映画館中が笑っていた幸せな記憶。
冒頭の「見えない!」の女の子たちのセリフがもうすぐと思うだけで笑える。
そういう話が何故作ってはいけないのか。
日常の中の「少し不思議」。
そういう「娯楽作品」が少なくなって久しいと思う。


娯楽がたくさんあるからという説もあるな。


で、ポニョですが、
実はも一つ良さがよくわからない。
後半がまとまってるのかどうかよくわからない。
だめな理由の一つをやっと気付いたが、
「海」ってところでダメらしい。
幼少の頃、
親に連れられて「ポセイドンアドベンチャー」と言う、
豪華客船がひっくり返ってというパニック映画を見に行って、
夜に熱だしてうなされて以来海と津波がだめなのだ。
そこが一番のポイントだろうな。


ポニョを見て思うのは、「女、怖いな」。
車ガンガン飛ばすかあちゃんも、
惚れた男に会うために町一つ水没させてしまう幼女も、
惚れた男の話一切聞かずにガンガンいってしまうかあちゃんも、
見てて思うのは「女、怖いな」。
おっさんがんばれ。




紅の豚 [DVD]紅の豚 [DVD]
(2002/03/08)
森山周一郎岡村明美

商品詳細を見る



ちなみにトラウマ作品はこちら。
今のCGに慣れてると特撮しょぼいと感じるだろうけど。
2とリメイクもありますよ。↓
ポセイドン・アドベンチャー [DVD]ポセイドン・アドベンチャー [DVD]
(2007/01/26)
ジーン・ハックマンアーネスト・ボーグナイン

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。